若手へのアドバイスがスムーズに入る観点とは?

Pocket

リーダーを応援する瀬戸口です。



アドバイスを聴いてもらうには

どうしたら良いんでしょう?



若手とのコミュニケーションを活性化し、より良い結果を

創ってもらいたいので食事会をする。


というクライアント。


その時に効果的にアドバイスを聴いてもらいたいが、

今まであまりしっくり行く結果が得られていない。

どうすれば良いか?


という質問。



ここで一つアナタにも意識して欲しいポイント。



どうすれば良いのか?



どう違いを創れば良いか?



という言葉に変えて自分に問いかけるクセを

つけること。




どうすれば・・・・・


では、色んな手だてを探し歩く手だてジプシー

なってしまいます。



一方


どう違いを創るか?


は、今までやって来たことを活かしつつ、そこに工夫を加え

パワーアップしたり、進化させてたり出来る

新たな手だてを探し歩く無駄を省けます。



さて、話しをもどして


こちらのアドバイスをあまり聴かない若手に対して

どう違いを創って関わるか?



クライアントに


具体的にどう話しするのか?


と実際に話してもらうと、

若手が聴かないであろうと思われる

クライアントのコミュニケーション癖

が浮かび上がりました。


それは何か?


どうも上から目線なのです。

押し付け感満載(笑) 


もちろん、本人はそんなつもりない。


しかし、こちらからのフィードバックを聴いた本人は


うーーーーーん、確かに。上からですね・・・


と落ち込み気味^^;



じゃどうする?


アナタならどうします?



私からの観点としては


若手は若手なりに研究もしているし、

勉強もしている。


という前提を自分に持ち込んで話をすること。

この前提を持ち込むとどんな話し方になるか?


というと


それぞれ勉強もしているし、こんなこと知っていること

かも知れないが、改めて別の人の話しや観点を聴く

ことで、新たな気づきや深みを見出すかもしれないので

聴いて欲しい。


ってな具合。



要するに、若手で何も解ってない(アナタと比較すると)

かもしれないけれど、

相手を尊重するという配慮が在るか無いかでは、

相手の耳(心)の開き具合が違うということ。


ちょいとこんな観点にも意識を向けると、

目の前のやりにくい現実が変化するかも

しれませんよ。

GOGO!リーダー!!







会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。