行動と結果が一致しないとお悩みの方への観点

Pocket

リーダーを応援する瀬戸口です。


あるクライアントの話し。


この方はかなり華々しい結果を創ってこられた

実績を持ってらっしゃいます。


その実力から新たなプロジェクトに1年半前から

取り組み始めました。その時からのお付き合いです。


1年半経った今現在、はっきり言って思ったような結果は

出ていません。


いや、出していないと言った方が良いですね。


やれる実力はあるのです。しかし、上手く行かない。

周りからも期待されて始めたことなので、ご本人も

どうして良いか解らなくなっている。


色々お話しを聴いていて、これだなと思う部分が出てきました。


状況を説明される時は、物凄く理知的にお話しをなさいます。


口調も丁寧で安定しています。


しかし、チグハグなのです。


何が?


発している言葉とは全く逆の感情的な雰囲気。


活字にしてしまえば、物凄く冷静に語っている。


しかし、話しを聴いていると物凄く怒っている。


それを隠そうとするから、回りくどい物言いになったり、

変に気を遣った言い回しになる。


全く隠れていません。

思いっきり感情がむき出しです(笑)


それを伝えたところ、え?そうですか?!と無自覚。


そりゃこれだけ感情が全面に出たら、協力者がいなく

なるわなーです。


オチオチ協力したら、逆切れに遭いそうな感じです。


なぜそうなっているか?


成功体験が邪魔しています


過去成功した体験があるがゆえに、我が出てしまう。


素直に相手の話しを聴けない。

イチイチ「なんじゃそりゃ?」と引っかかる。


新しい分野で成功を収めようとするならが、これは

邪魔です



成功体験を否定する必要はない。

が、それを全面に押し出しても意味がない。

今の事柄は、過去のそれと一緒ではないから。


じゃどうするか?


成功体験から得た誇りと自信は持って、自分なりの

やり方や考え方は一旦横に置く


自分を明け渡してみる。


明け渡すけど、自分(我)を消し去る必要はない


横に置くだけ。


自分の考えとは違うけど、言われたことを一度本気で

やってみる。


で、どんな発見や気づきがあるか?を観る。


今まで感じたことのない感覚を掴むかもしれない。

自分の考えだけでは到達し得なかった世界を体験

出来るかもしれない。


我を横に置いて取り組んでみる。


GOGO!リーダー!!





会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。

能力と未来の可能の扉を開く!

向上したくなるメルマガ

2 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    自分が通ってきた道を、半分の時間で通過させてあげたいと思うので、自分のやり方を押し付けてしまいます。結果的に共感してくれる部下はほとんどいないのに、それでも自分のやり方をまたやらせようとしてしまう・・・。
    部下の行動を見てて、「そうやってたら時間かかるよ」と感じてしまうのをこらえて、自分のやり方を横に置く、ってのは半端なく難しいですね。
    どうすればそれが出来るのか、大きな謎です。

  • SECRET: 0
    PASS:
    >竹中よしおさん
    大きな謎。
    そりゃそうですね。
    私もこの感覚が解るまでに時間が必要でしたから。
    が、この感覚が解るととても楽~。
    変に戦ったり(頑張ったり)することが減りました。
    この楽さを竹中さんにも是非味わって欲しい。
    そしたら、アナタが持っているノウハウや考えがもっとスムーズに部下のみなさんに伝わると思うから。
    感情的なエネルギーが乗らないコミュニケーションは、相手が受け取り易いのです。
    GOGO!リーダー!!
    明日のブログはこのコメントから触発を頂いたものを掲載します♪
    ありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください