誤解を回避するコミュニケーション

Pocket

人気ブログランキングへ

リーダーを応援する瀬戸口です。

そんなつもりではなかった

そんなこと言ってないんだけどな・・・

なんてことありませんか?


あるリーダーは、自信をなくしています。

自分が言ったことがどうも誤解されてしまう・・・

何をどう言えば良いのか、もう解らない・・・

行き違い

私たちの周りにウヨウヨ在りますね。

ちょっとした行き違いでも、重なると大きな誤解や

感情のもつれへと発展します。

自信を失くしてしまったリーダー Kさん。

この方はまさしくちょっとした行き違いの積み重ねで

収拾がつかない状態になってます。

が、収拾はつきます。

状況は変化させられます!

アクションによるリアクション

こちらのアクションを変えれば、相手のリアクションを

変えるチャンスが生まれる!

まずは、


誤解のないスムーズなコミュニケーション


を目指す。

そこで、大切なのは

確認

話したことが、自分の思ったように理解されているか?


これを確認する必要があります。

リーダーKさんはコレ↑が全然足りてないことが判明!

さて、アナタならどんな言葉で確認しますか

話したことが、自分の思ったように理解されているか?

ここで使ってはいけない言葉があります。

特にプライドの高い人と思春期の子どもに。

解ります?

解った?

これ結構使ってると思います。

アナタがこの言葉で確認されると圧力を感じませんか?

俗に言う上から目線です。

当然、強い反発を受けることになります。

思春期の子どもは特に強く出るはず。

お子さんとのコミュニケーションでお困りのリーダーも

多いはず。

では、どの言葉に変えるか?

伝わりますか?

伝わった?

これ↑は使えます。

解りますか?は、

あなたの理解力の問題ですが、理解できてますか?

という風になります。

一方

伝わりますか?

私の表現力の問題ですが、伝わってますか?

という風に受け取れます。


どうでしょう?かなり印象が違いますね。

こんなちょっとしたことですが、

掴んでいるのといないのとでは大きな違いです。


誤解を回避するには


確認 & 伝わりますか?


がおススメ!

GOGO!リーダー!!









ブログランキング参加してます。

よろしければ、ご協力ください 

人気ブログランキングへ

会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。