部下が依存的になりやすいリーダーの解決策!

Pocket

リーダーを応援する瀬戸口です。



部下のボジションを上に引き上げる時、

自分と部下の立場が逆転していると

感じたことないですか?



例えば、次期課長は自分がとか、海外赴任したいとか、

店長になりたいという時に、知らず知らずのうちに、


課長にせねば


海外赴任させるには


店長にせねば


と、アナタが相手より前のめりになっていて、相手は

待ちの姿勢だったり、依存的になっていたり。


これ以外と多いんです。



リーダーは責任感が強い人が多いので、請け負った仕事は

必ずやり遂げようとする。


だから、リーダーになっているんですが、これがちょいちょい

アダになる。


そもそも、課長になりたい、海外赴任したい、店長になりたい

と思ったのは、部下の方でアナタではない。


なのに、

いつのまにかアナタが主導権を握って指図している。



指図されるとなぜか待ちの姿勢になるんですね、私たちは。



なので、変に指図すると、次何やるんですかー?的な

脳天気な感じになる。


それだけなら良いのだけれど、

相手が脳天気になればなるほど、なぜかリーダーが焦る。


これじゃ間に合わない。


こんな状態じゃ店長には出来ない。


なんとかしなければーーーー!!


と。


そして、どうなるか?というと


ガンガン指導し始める。ダメだしが始まる。


もともとは、部下がプレイヤーで、リーダーはサポーター。

なりたいっていうから手伝ってあげるだけだったはず。

自主的になりたい、チャレンジしたいと言ったはず。

しかし、こちらが主導権を握ってしまうので

部下はやらされてる感じに変わってくるのです。



だから、どんどん動かなくなる。反抗的な態度になったり、

落ち込んだ感じになったり。



これを回避する為には、

アナタが自分の立ち位置をしっかり

キープすることです。


そう、アナタはサポーターです。


いついつまでに、これこれの状態になったら次のステップを

踏もう。

それまではしっかりここまで取り組んで。


ってな具合に、

アナタは課題と期限を明確にして待つだけです。



もし、それをクリア出来なければ、今回は見送り。

次の機会にかけましょう!


くらいの姿勢を保つように意識すること。


み~~んな、責任感強いのとお世話を焼いてしまうんです。


互いの良い距離感を保つためにも、ぜひ自分はサポーター


意識してみてください。



GO!GO!リーダー!!



会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。

能力と未来の可能の扉を開く!

向上したくなるメルマガ

2 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    私の部下は、何を言っても返事だけ良くて何もせず、結果に対する言い訳だけは立派です。能力がないわけではないのに発揮できないのは何故だろうと思っていましたが、今日のブログを読んで、「課題と期限を明確に」というのがきちんと出来ていなかったことに気付かされました。

  • こんにちは せと千佳です。読むと元気になるブログ書いてます

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください