部下の能力を見極めることの抵抗感を下げる方法

Pocket

リーダーを応援する瀬戸口です。


さて、昨日は部下を引き上げる話しでした。


今日はその反対。


リーダーの仕事には、部下の能力を発揮させたり

育成したりというものと、能力を見極めるというもの

があります。


発揮させたり育成したりは、難しいかも知れませんが

前向きなので取り組みやすいですが、もうこれまでとか

他部署に移ってくれなど、相手にダメージを与えるような

感覚の後ろ向きなものは取り組みにくい。


実際、こういうことで悩んでいるリーダーは多い。


部下にも家族があり、将来の人生設計が変わってしまう

ことだってある。


それを自分がやらねばならない。

ボジションとは言え、しんどいですよね。


しかし、やらねばならないことがある

これが仕事の世界ですから。



で、その時に私がリーダーに言うのは

フェアさを意識して関わって下さい。

例えば、いきなり

【はい、君、来期からは○○会社に行ってもらうから。】


てな事って、相手にとってみれば、

なに?!それ?!



ま、なに?!それ?!ったって自分が招いたこと

なんですが、本人そんなつもりはないですから。


速攻、被害者になります。


手が被害者になれば、アナタは自動的に加害者

なってしまいます。



なので、こんな変な構図を創らない為には


まず相手にしっかり今の現状を掴ませる。


求められているレベルはこれ。しかし、君のレベルはここ。

このままだと、うちにはいられなくなる。


と言う具合に、部下の何がどう足りないか。などをしっかり

掴ませる。


この時の注意として、攻撃したり責めたり否定したりして

ないようにすること。


ただ、現状をフィードバックするだけです。


現状と目指すレベルを掴ませたら、改めて目指すレベル

に行くか、その取り組みをするかを確認する。


しっかり期限も提示すること。


もし、この期限内にそれ相応のレベルに達しない、

あるいはその取り組みがないといった場合は、

人事が動く可能性があることをしっかり伝えておく。



要するに、

チャレンジする猶予を与えるということです。

とてもフェアな感じになると思います。


そうすれば、見極めるということへの

アナタの抵抗感もぐーーーんと下がるはず。



GO!GO!リーダー!!

会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。

能力と未来の可能の扉を開く!

向上したくなるメルマガ

こんにちは せと千佳です。読むと元気になるブログ書いてます

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください