部下は案外アナタが心を開くのを喜ぶという話し

Pocket

リーダーを応援する瀬戸口です。



部下や職場で心を開くなんてことは無理!



これ結構リーダーが持っている感覚だと思います。


ま、ものすごくオープンな方は別ですが(笑)


観ていると、どもうリーダーというポジションになると、

ちょっと離れたところに行こうとする傾向がある。


サブからリーダーに上がった方は特にこの傾向が

観られます。


なぜなら、今までと違っているんだと意識づける為

無意識にこうなるようです。


また、転勤などで他府県から赴任した方も。



リーダーは孤独なポジション


確かにそう。

孤独に耐えられると認められた人がこのポジションに

ついている。


なので、心を開くことなどしなくても良いかもしれない。



が、部下や周りはアナタが心を開いてくれた瞬間、

案外喜んだりします。



ホントか~~~~?!


という声が聴こえてきそうですが、本当だし本当じゃない。

<ややこしい>


100%ではないのは確かですが、なぜ本当というか。


それは、人間が本能的に心と心のふれあいを求めて

いるから。


これは確実です。



結構、上司の素の顔を見たり、お?!そんなところが

あるの?と思ったりすると、心が緩んでいたりします。



たとえ、


げ!あの課長 笑顔やってで今!!気色悪~~~


とか口走っていたとしても、心の奥底では案外ふ~~ん♪

と思っていたりします


こういうことの積み重ねがボディブローのように効いてくいる。



互いに心が緩んだ(心を開いた)時に、新たな関係性を

創るチャンスが生まれたりします。


相手が心を開くの待っていては何も進みません。


アナタから開くことです。


ただ開くだけ。

命までは取られません(笑)



その意識を持つだけで良い。

きっと何かが変わり始めるから。


アナタの目の前の現実を変えられるのはアナタだけ。



GOGO!リーダー!!







会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。

能力と未来の可能の扉を開く!

向上したくなるメルマガ

4 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    瀬戸口さん、いつも共感させていただいています
    ありがとうございます(*^▽^*)
    心を開くってとってもいいことですね
    そして、少し弱みを見せるってのもいいと聞きます
    良い人間関係、コミュニケーション、一層磨いていきたいです(*^▽^*)

  • SECRET: 0
    PASS:
    誰でも自分の判断基準は正しいと思っていますが、判断基準の元として「知識」+「智恵」+「経験」が大きな要素となっています。
    残念な事に、この判断基準の違いがあるのを素直に認める事は難しいようですね。
    相手に変化を求めるより、自分が取り方を変える事に努力したいですね。

  • こんにちは せと千佳です。読むと元気になるブログ書いてます

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください