部下への適切なサジ加減もトレーニングから!

Pocket


人気ブログランキングへ

リーダーを応援する瀬戸口です。


メンバーがリーダーを取り合う


こんな状況に遭遇したことありませんか?



活字にするとなんだか幼稚臭く滑稽な感じですが、

コレ案外大人の世界にも在ったりします


リーダーとしてどう対処すべきか?


メンバーがリーダーを取り合うと言うと、


カリスマ的リーダーに憧れて・・・ 


などと思うかも知れませんが、それだけではありません。


もちろん、タカラヅカのような感覚や、尊敬という感覚が

創り出す場合もありますが、もっと現実的というか生臭い

ものが在る場合も。



リーダーの関心を集める者は

             周囲からも一目置かれ易い




組織内での発言権を得る為に意識的であれ、無意識で

あれ、このような想念が動いている。


この中で適切なかじ取り、バランス感覚を発揮するという

こともリーダーに与えられた課題。


あるリーダーもこの課題に直面しました。


自分を間にしての引っ張り合いに巻き込まれた。

若いリーダーなだけに、対処に悩む。


しかも、メンバーはどちらも年上。


セッションに来られた時のリーダーの口からは


どちらにも関わるのが煩わしい・・・


これは忌々しき問題です。


が、解る!解ります。面倒くさい。確かに。


子どもやないねんから・・・・

ってね。


しかし、関わらないわけには行かないので、

どうしたら良いものやら。


おススメの対応としては、


適度に無視する(笑)


無視って言ってもそのままって訳ではなく


Pay attention me!!(私に注目して!!)


という要求を適度に無視する。


全く無視すると、これまた暴れ出すので注意が必要。


子育てと一緒です。大人も(笑)


かまい過ぎてもいけないし、かまわなさ過ぎてもダメ。


適切なサジ加減が必要です。



そのサジ加減はどんな風にすれば?


と良く質問されますが、そんなものに明確な答えはありません。



これは自分で体得するしかない。

経験(トレーニング)が適切さを生み出す!



さぁ、今日も微妙なサジ加減を意識して経験を積んで下さい。



GOGO!リーダー!!




ブログランキング参加してみました!

よろしければ、ご協力ください 


人気ブログランキングへ

会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。