部下を応援したらトーンダウン! 何故にゆえに?!

Pocket

リーダーを応援する瀬戸口です


メンバーを応援したらいきなりトーンダウン・・・

これって何????


と、少し混乱気味のリーダーからの相談。



状況としては、メンバーから打ち明け話をされた

リーダー。


リーダー自身もその内容に戸惑い驚いたが、

頭ごなし否定しても伸びないと思い、逆にこれは

成長を促せる時と思い直して応援のコミュニケーション

をしてみたらしい。


そしたらなんだかトーンダウンした。


これは自分の関わりが間違っていたのか?


と不安にもなっている。


もう少し詳しく話しを聴くと


メンバーからは、


まさか応援してくれるとは思わなかった


と言われた模様。



そして、リーダーからある言葉が出ていた。


それを選択するにしても、自分の責任において

なら、その選択も良し。

応援するよ。


ってな言葉。


なーーーーるほどーーーと思いました。


これは効きますよね。

かなり立場を取ることを迫る言葉ですから。



トーンダウンしているのは、真剣に考えている

ってことです。


間違っていたどころか、真剣に向き合うことを

促した素晴らしいコミュニケーションです。



このようなフィードバックをしたら


あ、そうか!なるほどー。

そうですよね。しっくり来ました。

では、安心して待ってみます。


と、軽やかな声が返ってきました。


リーダーも部下も悩みつつ前進を創るのです!



GOGO!リーダー!!









会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。