高校生へのコミトレ授業開始!

Pocket

瀬戸口です。

今月から、ある学校で高校生へのコミュニケーショントレーニング

授業を開始しました。

過去、小学校でのスクールカウンセラーと、*1保護司として

子どもと関わってはいたものの、コミトレを授業(セミナー)

という形で提供したことは無かったので、初の試み・チャレンジです。

*1

法務省から委嘱され、保護観察処分(拘置所や刑務所に入ることなく

普通に社会生活を送りつつ、更正への取り組みを許可)を受けた人を

自宅にて面接しつつ、更正へと導く。非常勤の国家公務員。

自分の能力や才能を発揮するという観点だけで観ても、大人はもちろん、

高校生もコミトレセンスを磨くことにとても意義を感じます。

が、興味を持ってもらえるか、生徒の集中力が切れないか、などなど

心配することはいっぱい。

不安を抱えつつ授業に臨みました。

結果から言えば、「あぁー、面白かった!」「めっちゃ楽しい!」と

とても素直な言葉が本当に嬉しかったです。

今回のことで改めて思いました。

今、子どもたちは本当はこういうことを求めているのではないか?と。

人とはどんな生き物なのか。


どんな反応をするのか。 


その行動の裏には、どんな心の動きが隠されているのか。


本当はどんな思いを抱えているのか。

などなど、人の心理面をすごく知りたがっているようです。


私がセミナーなどで話すことは、ほぼ「人の心理的側面」です。

今回少し授業でも話したのですが、すごく食いついてくる感じが

ありました。

きっと、彼らは「解らない・・・」 そんな思いを抱えながら人と関わり

そして傷ついて来たのだと思います。

傷ついた自分の癒し方も「解らない」


人とどう関われば傷つかない・傷つけないかも「解らない」


何をどうすればいいのか「解らない」

解らないづくしの中、今回の授業は彼らにとって「一筋の光」のように

感じてくれたのかも知れません。

彼らが次の日本を世界を支える存在になることを思えば、本当に

やりがいのあることです。

試行錯誤ではありますが、しっかり取り組んで行きます。

全国の悩める子どもたちに、元気と希望を届けられるように。

読者登録してね  アメンバー募集中

会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。

能力と未来の可能の扉を開く!

向上したくなるメルマガ

こんにちは せと千佳です。読むと元気になるブログ書いてます

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください