29年の時を経て、黄金のフィードバックをもらったクライアント

Pocket

29年の時を経て、黄金のフィードバックをもらったクライアント

 

リーダーを応援するせとぐちです。

Fさん、変わりましたね。
ものすごく話しやすくなりました。

数年前まで、個人セッションなどを受けてくれていたクライアントFさん。

Fさんは未亡人。
夫がなくなってから、起業して大成功を収めた方です。

起業するまでは、「良いところの奥様」だったFさん。
ご結婚前に、少し事務職を経験しただけ。

が、商才があった。
子どももいなくて寄る辺のないFさんは、どんどん商売が繁盛します。

不動産運にも恵まれ、マンションと事務所兼の豪邸を手にしました。
しかも組んだローンは繰り上げ繰り上げで数年で返済。

ものすごいバイタリティの持ち主です。

というだけあって、かなり芯が強い。
言葉を変えると、ワンマンなリーダーでした。

それだけの結果を創っているので、誰も文句も言えない。
そんな空気感。

私が初めてお目にかかった頃は、豪邸を手にする前でしたが
笑顔ではあるものの、キン!と張り詰めた空気を漂わせて
いらっしゃいました。
周りの方々からは、尊敬と畏怖の念を感じたのでした。

それは学生時代のご友人たちも同じように、圧迫感を感じていた。

Fさんは、相談したなら即座に【答え】が返ってくる、そんな人。

困っている時には助かるのだけれど、【絶対的な答え】には
圧迫感が伴う。

ちょっとしんどい。けど、答えが欲しい。といったところ。

ご友人たちからも、相談されるとなると、部下や周りに居る方々
からも当然相談される。

Fさんは仕事上、ジレンマを抱えていました。

*即座に【答え】を与えるにも関わらず行動しない
*同じような質問を毎度してくる
*自分で考えようとする部下が少ない
*自分で考える部下とは衝突する

など。

このジレンマに悩んでいた時に、セミナーに参加されたのを
きっかけに、会社に月2回の研修セミナーとご自身の
個人セッションの依頼を受けました。

それから7年ほどのトレーニングを経て、
マンションや豪邸を手にし、部下たちの活躍など
多くの結果を創り、トレーニングはご卒業されました。

それから5年ほどの月日が流れ、突然、電話がかかってきました。

「先生、嬉しい報告です!」と声を弾ませて。
先ごろ、29年ぶりにご友人の一人と旅行に出かけた。
夜はゆっくり色んなことを話せた。
というか、ほぼご友人が一人で話していたのを、Fさんは聴いていた。

翌朝、ご友人から冒頭の言葉を言われた。

Fさん、変わりましたね。
ものすごく話しやすくなりました。

他にも旅行に出かける友人はいるが、こんなに深い内容を
話せた事はない。

昨夜は、29年間会わなかった間にご友人の人生に起きた
あれやこれやをじっくり話せた。

心がとても軽くなりました。ありがとう。
また、話を聴いて欲しい。

と言われ、ものすごくうれしかった!との報告を頂きました。
先生、私、本当に変わったんだなぁと思います。
普段、会っている人たちは左程、変化を感じないのかも
しれませんが、29年ぶりの友人は別人のように感じたようです。
友人の心を軽くできたことも嬉しいのですが、私がやって
来たことが肯定的に証明されたようで本当に嬉しいです。
やってきたトレーニングが間違いでないとは思って
いましたが、なにかとても嬉しいんです。

人はトレーニングで変われる
変わろうと思う人が、しっかりトレーニングすれば変われる

あなたも変われるんです!

GOGO!リーダー!!

会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。