いつまで育てるのか?

Pocket

リーダーを応援するせとぐちです。

いつまで育てれば良いのか?

リーダーにトレーニングを行うと、出てくる質問。

いつまで?
どこまで?

自分の子どもなら、それは「一生」という言葉も
出るでしょうが、部下であればそれは出にくい。

多くのリーダーが悩みをもつこのテーマに対して
備えておく事を私のクライアントには勧めている。

いつまで育てるのか?
どこまで育てるのか?

これに関しては、正解も間違いもない。
自分が決めたらそれが正解。

ただ、私がクライアントたちに参考意見として伝える事。

①相手の課題や評価基準、評価が下される時期などは
前もって、きちんと伝える

きちんと伝えていないとお互いにモヤモヤや不満が残る。

これが無いようにする事。

②相手にとって言われたく無いであろう事、もしかしたら

気分を害するかも知れない内容を伝える場合
最初におことわり(確認)をする。

「ちょっと言っても良いかな?あんまり言われたく無い事かも
知れないが、あなたの成長に必要な事だと思うから」

と言う具合に。

こう言われると大概の人は「言ってください!」と言う。
この場合、かなり厳しいことを言ってもちゃんと聴く。
自分が言ってくれと頼んだことなので、不貞腐れずに最後まで聴く。

一方、それで拒否すると言う場合は、そこまで。
相手は成長する気が無いという事。
それ以上、嫌なことを言ってあげると言う
特別なエネルギーを使わないと決める。

もちろん、最低限の関わりは必要。
投げ出すのでは無いので。
育成のための特別なエネルギーを使わないと決める。

私たちは他人を変える事は出来ない。

本人が変わる気が無いのに変える事など出来ない。
反発や恨みつらみをかうだけ。

人間関係を悪くするかも知れないというリスクを張るほどの
甲斐の無い人間に、特別なエネルギーを傾ける必要があるか?

と言う観点を参考意見として伝える。

言われているうちが

とはよくいったもの。
昔の人たちからの言い伝えは本質を突いていて、強烈なインパクトがある。

GOGO!リーダー!!

 

「変わるために必要な3つの事」セミナー
変わりたいと一生懸命に勉強している方にオススメ

コミュニケーショントレーナー養成講座3期
トレーナーセンスを仕事に生かしたい! 自分をパワーアップしたい!方にオススメ

会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。