ミドルリーダー向け研修ルポと感想シェア

Pocket

毎年呼んで頂いてますが、今回のオーダーは

人材育成で「ままならない」ところを改善したい

提案させて頂いたのは、「なぜ?」を探究すること。

私たちは、目の前の人の言動に「なぜ?」と困惑する。
そして、怒ったり、悲しんだり、コラシメようとしたり。

これ↑で何が起こっているか?

エネルギーの無駄使いと反発

怒ったり、悲しんだりしているうちは、創りたい結果の為にエネルギーは使えない。
そして、コラシメようとするけど、結局相手に伝わるのは、こちらの攻撃性だけ。

相手は決してコラシメられて、アナタの思い通りに落ち込んだり、素直になったりはしない。
逆に反発してきて、また労力が必要になる。

思い当たることないですか?

今回の研修では、ここを徹底探究して今後に違いを創ってもらおうと思った次第。
で、取り扱った「なぜ?」はこちら。

なぜ思い通りに動いてくれないのか
なぜ反発・反目は起きるのか
なぜ説得力がないのか

時間の関係上、この3つ。
それでも時間は全く足らない状態。

しかし、参加者のミドルリーダーのみなさんは、素晴らしい参加度で聴いてくださり、しっかりワークもして頂きました。

なぜ思い通りに動いてくれないのか
なぜ反発・反目は起きるのか
なぜ説得力がないのか

この3つについて、それぞれで考えて頂いたのですが、そこでもかなり濃い回答がたくさん出ていました。

みんな実は困っている。
しかし、考える時間を取っていなかったので、解決策や改善点が解らなかっただけです。

自ら考え出した改善点や解決策を、ふとした時に思い出してもらえたら今回の研修は成功!です。

ですがもう少し突っ込んで、多くの人を観てきた私なりの「3つのなぜ?」に対する「人の心理」について、解説させて頂きました。

解説していると、だんだん参加者から元気がなくなってくるのを感じました。

グループワークに移る時に、お一人の方が「(解説が)身につまされすぎて。。。」とつぶやかれました(笑)

どうやら、みなさん解説を聴いてご自身の課題に直面していたようです。

ここで私がみなさんに言ったのは、

自分を責めてるヒマはありませんよ!
そんなところにエネルギー使ってる場合ではないんです。
知らなかったことに、今日気づいただけです。
気づいたから改善するようにすれば良いだけです。

自分を責めることにエネルギーを使うような無駄遣いはしないように!!

すると、会場は爆笑が起こりました。
やっぱり、みなさん自分を責めていたんです(笑)

リーダーのみなさま
至らない自分に直面して、責めたくなるのはわかります。
が、ほどほどにして、とっとと改善に向かいましょう。
アナタの役割は、自分を責めることではありません。

組織のため、部下のために必要と思われることに取り組むことです!

GOGO!リーダー!!

さて、頂いた感想をこちらに。

・自分を観察するのは常に続けていきたいと思う
・コミュニケーションというと相手のことばかり考えてしまっていたように思うが、自分のコントロールは今までにない概念だった
・自分を観察し、今日の講義を参考に今後仕事に生かしていきたい
・自分のコミュニケーションの弱いところを改めて知ったので、望む結果を作り出すコミュニケーション力を磨いていきたい
・自分たちだけでなく、他の職員や管理職にも受けてもらえたら職場が変わるのではないか
・講義の時間があっという間に終わってしまった

研修ご担当者からは
参加者の感想を見ても、大変充実した研修だったと思います。
私自身も思い当たることが多く、講義いただいたことを職場で実践していきたいと思います。
ありがとうございました。

といった内容のご感想を頂き、今後の活動へのパワーを頂きました。

ルポ&感想シェア終わり!

 

セミナー情報

9/1昼セミ 変わるために必要な3つの事セミナー
ご好評いただき9月も開催です!

会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。