ルーツを肯定すると能力が発揮できるという話

Pocket

リーダーを応援するせと千佳です。

昔の仲間に誘われて、セミナーに参加して来ました。

当日の朝のお誘いでしたが、
「こりゃ〜行きなさい」ってことね!
と自分が思ったので、スケジュールを調整して行ってみた。

確かに、行ってみるべき内容だった。
色んな意味で学び多い時間だった。

やはり直感を採用すると良い!

さて、内容をざっくり言うと、
集合的無意識にちゃんとアプローチすると、
思う通りの結果が得られますよ!
アプローチの方法教えますよ!
これはクライアントに教えてあげたら有効だ!と思えるもの。

また、セミナーの中では、
日本人と日本の文化が本当に素晴らしいものである
ことも触れられていた。

これは私も声を大にして言いたいところなので、
うん、うん!と激しく同意。

案外知られてないが、日本の縄文時代が世界から注目されている。

なせが?

縄文一万年間、戦争がなかったと。

世界のどこをどの時代をみても、争いがなかったことなんてない。

なぜ、そんなことが可能だったのか?と注目されている。

日本とは、日本人とはなんと優れた民族なのか!と思たら、
自然と元気になる。
なんだか力が湧いてくる!

世界に向かって何かができるのではないか?とさえ思える(笑)

以前、あるリーダーの個人セッションの時にも、

ルーツを肯定できた瞬間、ガラリと変化する

と言うことが起きた。

このクライアント
自分の両親について、【ある思い】を持っていた。

それが、セッションで【単なる思い込み】だったと気づいた。
そしたら、

自分の存在そのものを肯定できるようになった

そして、なんと!

部下との関わりに感じていた苦しさが
嘘のように消えた

自分自身のルーツを肯定してないことが、今の生きづらさとして
直面することになっているのかもしれない

という観点。

心当たりがあるならば、

この課題を解決してくれそうな人は誰か?
自分のルーツに対する思い込みを払拭する方法は?

ぜひ、考えてみて。

きっと状況を好転させる行動を起こせますから。

 

会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。