教員研修 8年目マネジメント研修感想&ポイント解説

Pocket

小中8年目教員向けキャリア開発 組織マネジメント研修感想&ポイント解説

研修時間120分

目次
▲受講者感想
▲研修担当者さま感想
▲今回の研修のポイント解説

受講者感想

”人間は忘れる”ということを忘れてイライラすることがあったりしたので、とてもタメになる、これから使える講義でした。ありがとうございました。

120分の研修でしたが、すぐに時間が経ちました。傾聴の大切さ、日々の使い方、再度意識してやっていこうと思いました。コミュニケーションに磨きをかけれれば、今以上に効果的な教育ができると思いました。ありがとうございました。

自分を振り返り、今後の在り方を考える機会になりました。自分も周りも能力を発揮するためにという意識で自分のクセを見直し、沈黙を大切にするなど、できることを実践していきたいと思います。ありがとうございました。

内容がとても多く、また整理して自分に消化していきたい。特に後半部分の内容が自分にとって未知なことが多く「タメ」になったと感じています。

たいへん満足しています。今後に活かせる内容でした。もっと聞きたいことがありました。

学校の先生は沈黙というのが怖い人が多いと思います。私もその一人です。しかし、沈黙⇒自分と向き合う時間というので、大切にしないといけないなと思いました。

子どもに対しては、傾聴や共感を意識してコミュニケーションができていると感じていますが、同僚の先生方にも意識していきたいと思いました。

「沈黙」まずは聴くこと。その間は相手が自分と対話している時間。大切なことだと感じました。心がけていてもなかなかできないですが、少しずつ習得したいスキルだと思いました。その上で、どのタイミングでコーチングに行くのかの見極めのタイミング、まだまだわからないので、その力もみがかないといけないと思いました。

なるほどとおもったり、言われてみればと思うことがあり、とても良かったです。ありがとうございました。

「そうですね」「そうなんですね」と少し違うだけでも、保護者対応で変わってくると思いました。明日から使ってみようと思います。ありがとうございました。

必要な研修だと思えました。

共感の意味を間違えていたので、学ぶことができました。あと、沈黙も必要だと学びました。

共感の話はクレーム対応にも使っていきたいなと思いました。コミュニケーションがうまくいくと自分のメンタルもコントロールできるのだと思いました。ありがとうございました。

共感の意味や沈黙の大切さを知れて、保護者対応や子どもとの関わり、同僚との関わりにも使っていけそうで、勉強になりました。ありがとうございました。

今まで考えていた「沈黙」についての考えが本日の研修で違った意味ががあることが分かり良い発見になりました。また、今後さまざまな場面にて実践し、分析して(個人で)みようと思います。本日は貴重なお話ありがとうございました。

学んだことを子どもと接する時にもいかして行きたいと思いました。

ありがとうございました。「沈黙」「共感」「聴く」など今から学校にもどって実践します。

人づきあいって本当に難しいなと改めて思いました。「理解してほしい」という人間本来の欲求がありながら、上手くやっていく方法を模索しているところに矛盾も感じるところです。器の大きな人はステキですが、その人が聴いてくれている内容がトレーニングなのかとは思いたくないです。人としての魅力をさらに高められるキッカケになりました。ありがとうございました。

理解できていたことではあるが、論理的にさらに深めることができて良かったです。

沈黙、共感のお話がとても理解できました。何度も意識してがんばていきたいです。ありがとうございました。

沈黙の大切さがよく分かりました。

教えていただいたことを振り返りながら、実践を続けてまいりたいと思います。

普段、考えていることや、やっていることを理論的に聴けたことは本当に楽しかったです。共感≠同感。色んなこともまた忘れてしまうとは思いますが、その都度トレーニングします。今日はありがとうございました。

「共感」に対する考え方を保護者対応や、生徒同士のトラブルがあった時の話しの聴き方に活かせると思いました。

この研修を受けるまでは、自分の中で「共感」=「同感」だと思っていましたが、「そうなんですね」といった相手の状態を感じるだけでいいといったことを学びました。苦手な人やクレームに対して、楽な気持ちでこれから対応できそうだと思いました。本日の研修、本当にありがとうございました。

「共感」というのが今日のテーマだったような気がしました。人とのコミュニケーションにおいて活かしていきたいと思いました。

 

研修担当者さま感想

昨日は、大変お忙しい中、本市研修にてご指導いただき、誠にありがとうございました。
研修後も、受講者から「大変深い学びがあった」という意見が多数聞かれ、
本当にありがたく感じているところです。

教育現場でも「エンパワメント」という言葉がよく聞かれるようになってきました。
瀬戸口様のお話は、まさに、現場の教職員を元気づける、勇気づけるもので、
何より、それを自分自身が継続的におこなっていけるようになることが何より大切だという
お話に大変共感できました。

研修でも申し上げましたが、このような貴重な機会を
それだけで終わらせてしまうのではなく、
各校で実践しながら活かしていけるよう、私どもも支援して参りたいたいと考えております。

 

今回の研修のポイント

今回の受講者はこれから組織マネジメントに参画する方々のキャリア開発。
研修のポイントに置いたのは、
組織マネジメントをしていく上で、コミュニケーション上もっとも大切なものについて。

組織マネジメントのやり方自体は、色んな方法が紹介されておりツールとしても、優れたものも多い。

しかし、それを導入しても、互いの信頼関係や同僚とのやり取りにおいて、
自身の感情のコントロールをいかに適切に行うか否かで、協力体制や関係性、
最終的には結果に大きな違いが生まれる。

要するに、優れたツールを使いこなすためには、
自身の感情のコントロールや器を広げねば、宝の持ち腐れになってしまうということです。

そこで、大事なことは、

  • 相手や周囲からのコミュニケーションに影響され、感情が揺さぶられた時にどう自分をコントロールするのか
  • 相手の能力を引き出すセンスを身につける

上記を実践するうえで、

  • 沈黙が果たす役割とその重要性
  • 沈黙を行えるようにするために知っておきたい「本当の共感」の意味

などが必要な学びとなります。

これらを120分、”超”駆け足、弾丸トークでお話しました。

研修・講演依頼はこちら

イベント一覧はこちら
今後のセミナーやイベントをご紹介

ネットでコミトレ学習
コミトレ自主学習サイトメンバー募集中
好きな時間に自分のペースでコミュニケーションを自主学習するサイト

書籍・日めくりカレンダー
「聴く」を学ぶバイブル
毎日、勇気が湧く日めくりカレンダー

研修・講演依頼
研修講師をお探しならば、こちらをご覧ください
受講者感想はこちら

 

会社が潰れるか、あなたが潰れるかです

『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』

鳴り止まない電話。
引っ切り無しに寄せられるクレームやトラブル対応。
大して重要ではない仕事に追われて
本当にやらなければならないことはいつも後回し。

でも小さな会社の社長

はこんなもの。
自分が頑張らなければ・・・

あなたはそんな思いで毎日歯を食いしばって仕事をしていませんか?

あなたはこれほど頑張っているのに思ったように売上が上がらない。

でもあなたの会社の100倍売り上げるあの会社の社長は、
あなたの100倍の時間働いているのでしょうか?

もちろん違います。
そんなことは不可能です。

一流のスポーツ選手はただがむしゃらに練習して一流になったのでしょうか?
もちろん違います。
一流になるためには一流のトレーニング法と行動パターンが必要です。

時間管理も同じです。

そして一流になるためには一流に学ぶのが一番の近道です。